本音:PMSは離婚したくなる

レンタカー人気トップ10 > サプリメント > 本音:PMSは離婚したくなる

本音:PMSは離婚したくなる

PMSの女性と付き合ったことがありますか?

もしくは妻がPMSという方でもいいです。

正直、このまま付き合っていこうと思います?また結婚生活を続けようと思いますか?

PMSの相手をしたことがある人にしかわかってもらえないと思いますが、正直PMSの女性は地雷です。

絶対に近づかないほうがいい。

PMS自体は女性としての身体の機能が備わっている上で仕方のない部分なんですが、

これまで「社会」が人々に植え付けた概念のせいでとてつもなく面倒になっています。

どういうことかというと、戦後の日本では男尊女卑はダメ、女性の社会進出を!というような流れできましたよね。

以前は家庭内では父親が強かったものが、今では母親の方が強くなり、

結婚生活が気に入らなければDVでも何でも理由をでっち上げで、男性が悪いという理由で離婚できるようになってしまいました。

これらは極端な例ですが、社会全体の流れとしてこのように「女性に甘く」という流れになったのは否めないでしょう。

もちろん、この流れが完全に悪いわけではありません。

しかし、PMSに関して言えば、この状況が更に悪さを加速させているんです。

一言でいえば「私は悪くない」という意識に持っていきやすいのです。

男は女に尽くすもの、力の弱い女に手を上げてはならないという社会通念を利用し、

PMSについて自分では何もしようとせず、相手が悪いで通せるのです。

PMSそのものについてもただ生理まで調子が悪いというふうに済ませようとします。

ですから気づいたときには男性が私のことをわかってくれない、私は悪くない、男が悪い、離婚だ!

という状況になっているのです。

男性は理論的ですから、なにかおかしなことがあれば、原因を調べて対策を考えます。

ですから、PMSにおいても対策として食べ物やサプリ、薬などを調べるわけですが、

女性側は私は何も悪くないと感じているので、たとえ男性側が改善を望んで薬やサプリメントを提案すると、私には必要ないと一蹴するのです。

これで、問題が解決すると思いますか?

するわけがありません。

ですから、PMSの女性は地雷と私は考えます。

たまたま、PMSを調べていたら、同じく男性側の経験者と思われる方が、PMSに効くサプリをまとめているのを見つけました。

冒頭に書かれていることは物凄く共感できます。

私は今回かはなりハッキリと書いたわけですが、この方も本心としてはこのぐらいのことは書きたいんだろうなと思います。

また、この方はPMSの彼女と別れたようですが、正解だと思いますよ。




関連記事

  1. 本音:PMSは離婚したくなる
  2. 健康の維持や増強、あとは健康管理といった狙いがあって飲用
  3. マスコミにも登場し、目に効く栄養源として好評を得ているブルーベリー
  4. サプリメントを毎日飲んでいると、徐々に健康な身体を望める
  5. 胃の話と便秘の原因とは関連性はない
  6. おかしやハンバーガーなどの摂取に伴う、糖質の摂りすぎの人がいっぱい